My Fifty-Fifty Life

気がつけば、もうすぐ50代(登録当時)。人生なんてフィフティ・フィフティ。50代になっても50点以上で突っ走りたい!カメラ好きオッさんのライフブログです。

Wiseデビットカード

Wise(旧名TransferWise)デビットカードの日本提供が始まったので、早速申し込んだ。

wise.com

申し込みはウェブ、アプリから。本人確認の為に証明書と顔写真を送るが、その際に渡される番号を持って撮影する。米国映画に出てくるワンシーンようだ(笑)

 カード発行には1200円がかかる。クレジットカード払いにしたが、エラーが続き、やっと楽天バーチャルカードで支払えた。申し込みから約10日でカードが到着。ショッキング・グリーンに、小さなICチップで、券面は番号がプレスしてあるオーソドックスなデザインだ。海外で使うには、このぐらい存在感がある方が良い。

 マルチカレンシー口座で保有できるのは55通貨。また、以下の現地銀行口座情報を取得出来るのが魅力だ。

資金の保有と両替

55の通貨の保有、両替が可能です。必要な残高を開くのは数秒で完了します。

 

ユーロ/英ポンド/米ドル/ポーランドズウォティスイス・フラン/ノルウェー・クローネスウェーデン・クローナデンマーク・クローネオーストラリア・ドルカナダ・ドル/日本・円/ハンガリーフォリントグルジア・ラリ香港・ドル/インド・ルピー/インドネシア・ルピアマレーシア・リンギットメキシコ・ペソ/ルーマニア・レイ/トルコ・リラ/ニュージーランド・ドルフィリピン・ペソ/ロシア・ルーブルシンガポール・ドル南アフリカ・ランド/タイ・バーツ/イスラエルシェケルチェコ・コルナ/ブルガリア・レフチリ・ペソ/コロンビア・ペソ/コスタリカ・コロン/ガーナ・セディ/韓国・ウォン/ナイジェリア・ナイラ/パキスタン・ルピー/バングラデシュ・タカペルー・ソル/スリランカ・ルピー/ベトナム・ドンケニア・シリング/モロッコ・ディルハム西アフリカ・CFAフランウガンダ・シリング/アラブ首長国連邦ディルハム中国・元/クロアチア・クーナ/エジプト・ポンドタンザニア・シリング/ウクライナフリヴニャウルグアイ・ペソ/アルゼンチン・ペソ/ネパール・ルピー/ボツワナ・プラ/ザンビアクワチャ

Multi Currency Account | Foreign Currency Account by TransferWise

 

これらの銀行口座情報で資金の受取りが可能です。これを使用して現地の人に支払うのと同じように、ご利用いただけます。

 

英ポンド

UK sort code、Account number、IBAN (to receive GBP from UK only)

 ユーロ

Bank code (SWIFT/BIC)、IBAN

 米ドル

Routing number、Account number

 オーストラリア・ドル

BSB code、Account number

 ニュージーランド・ドル

Account number

 シンガポール・ドル

Bank code、Bank name、Account number

 カナダ・ドル

Institution number、Transit number、Account number

 ハンガリーフォリント

Account number

 トルコ・リラ

Bank name、IBAN

Multi Currency Account | Foreign Currency Account by TransferWise

マルチカレンシーのデビットカードをメインに使用するつもりだ。主要通貨ならRevolutの方がお得だが、それ以外の通貨で比較したいと思う。

f:id:yiren23:20210226014924j:plain

 

S90の刑は本当なのか?

一昨年、友人と一緒に海外旅行におすすめのカードを取得した。海外での怪我や病気は、治療費が高くて、緊急の場合には1000万円を超えることもある。付帯保険が充実したカードは選択の一つだった。海外で医療保険や物品破損で実際に某カードの保険を利用したブログを見つけたので、同じカードを申し込んでみた。

 レギュラーカードでも保険内容は十分だが、ゴールドカードは更に充実した内容だった。ゴールドカードを取得するには直接申し込むか、インビテーションを待つ、2つの方法があり、後者の場合には年会費永年無料でアップグレードされる。永年無料なら目指さない理由はない。

 年間50万円以上の利用でインビテーションというのが口コミだが、ショッピング枠が90万円に引き上げられるとインビテーションは来ないらしい。インターネットでは”S90の刑”と呼ばれている。

 2019年12月にカードを取得すると、50万円を超えた6月には無事にインビテーションが送られてきた。一方、友人も50万円を超えたが、インビテーションは数ヶ月待っても来ない。先日、ショッピング枠増額のお知らせが届いたそうだ。金額は90万円。”S90の刑”のようだ。

 使用状況を聞いてみると、2020年1月~3月は利用していないが、その他の月は7万円~15万円を利用していた。50万円を超えたのは2020年8月だった。

 ネット情報から推測すると、インビテーションは利用開始から半年が多く、その後は1年が多い。しかし年間100万円~120万円以上を超えるような状況だと、ショッピング枠が増額される”S 90の刑”が待っているようだ。友人の場合は年間120万円を超えていた。もし友人が2020年1月~3月に利用していた場合には半年で50万円に達していて、無事にインビテーションが来ていたかもしれない。だが、その後の高額利用がネックになったのかもしれない。

 S90の刑からのインビテーションの方法があったので、友人も挑戦してみるそうだ。

oyakunitato.com

Huawei Watch Fit アップデート

2月に入って、Huawei Watch Fitに血中酸素レベル測定機能が追加されたことを知った。

consumer.huawei.com

グローバル版には搭載されていた機能で、確かめずに国内版を予約購入したら、まさかの非搭載にガッカリしていた。Amazfit Band 5に変えた理由の一つでもあり、一度は売却を考えたが、買取価格の安さに箱に入れたまま放置していたので、アップグレードすることにした。

f:id:yiren23:20210206060828j:plain


アップデート後は、本体にもアプリにも血中酸素レベル測定機能が追加されている。

f:id:yiren23:20210206052927j:plain
血中酸素レベル測定機能はAmazfit Band 5にない自動測定が出来るので、半日試してみたが、お昼の時間が計測されていない。手動で計測した時に何度かエラーが出たので、装着が悪いのかもしれない。

f:id:yiren23:20210206052936j:plain

血中酸素90%以下でアラート設定して、一度だけ息を止めてみたら、しっかりと機能してくれた。医療レベルではないそうだが、万が一の場合には役に立つだろう。ひさびさに使ったが、本体画面にグラフで表示されるのは便利だ。重さも21gしかない。充電以外は常に装着したいので、もう少し細ければ言うことない。中国ではhonor band 6が注目されているが、国内での販売を期待したい。

在フィリピン・ユーチューバー

昨年は引きこもる時間が多かった。何度か撮影旅行へ出ようと思ったが、もしも…を考えると躊躇してしまう。おかげでYouTubeと読書三昧になったが、在フィリピン・ユーチューバーにハマってしまった。今一番勢いがあるカテゴリーだと思う。

アキラ先輩、KAIのマサ、ジャピノイボーイズ、いくぴー… 日本ではありえない日常を、南国のユルさに合わせて伝えてくれる。

お気に入りはパラワン島在住『誠』チャンネルとドンカツチャンネルだ。

パラワン島在住『誠』チャンネルの誠さんは、46歳でフィリピンへ渡り、現在はパラワン島で、フィリピン人の奥様と生活されている。毎朝にアップされるユルい語らいと、プライムタイムのライブに癒される方も多いだろう。以前はそれほど観てはいなかったが、ふと若い頃に出会った上司に出会ったような気分になってから、楽しみにしている。時々、登場する宮田さんとの雑談も、とても面白い。人生一度はリタイア後に温かい国で過ごしたいと思うが、『誠』チャンネルから学ぶことができる。

www.youtube.com

 ドンカツさんは、ご自身のチャンネルより、いくぴーチャンネルやセブ遊学チャンネルの出演が多い。常にハイテンションで、ローカルで地味なネタを一生懸命紹介してくれる。ドンカツさんの気さくな人柄と、現地に根付こうという思いが伝わってくる。

www.youtube.com

 寒い今日も常夏のフィリピンから皆さんのチャンネルが楽しみだ。ところで、時々、セブ遊学チャンネルに登場する関西弁の美女は誰なんだろうか?

Revolut

オッさんは海外渡航再開を望んで、粛々と準備している。

昨年、日本でのサービスを開始した話題の英国系フィンテックRevolutに申し込んだ。マルチカレンシー口座に、VISAデビットカード、それに海外送金を合わせたサービスで、ほぼ手数料ゼロで利用できるのがウリだ。すでに多くのSNSで紹介されているので、利用されている方も多いだろう。

www.revolut.com

申し込みはアプリからで、本人確認などもすべてアプリを通して行う。プランは3種類あるが、初めてなので無料のスタンダードにした。デビットカード発行手続きを行うと数日で届いた。バーチャルカードも含めて数枚取得できるようだ。

f:id:yiren23:20201221131051j:plain

カードはちょっと攻めた配色で、オッさんには少々恥ずかしい(笑)有料プランでは、カードデザインが選択できるようだ。ICチップが海外で見かける小さなタイプだ。デザインは主流になりつつある裏券面に必要情報が記載されている。銀行系デビットカードでもアプリでON/OFFができるが、より細かい設定ができるようになっている。Apple payへの登録はできなかった。

f:id:yiren23:20201221131223j:plain

マルチカレンシー口座は27通貨で、非常に良いレートで交換できて、毎月75万円まで為替手数料が発生しない。75万円を超えると0.5%の手数料が発生する。また月2.5万円までならATM出金手数料も無料だ。海外旅行やショートステイ目的なら十分だろう。保有、交換できる通貨は以下のように買いてある。

現在、保有または交換できる通貨は次のとおりです。AED, AUD, CAD, CHF, CZK, DKK, EUR, GBP, HKD, HUF, ILS, JPY, NOK, NZD, PLN, QAR, RON, SEK, SGD, THB, TRY, USD, ZAR

さらに多くの通貨が追加される予定です。ご期待下さい!

保有・交換できる通貨を教えてください。 | Revolutヘルプセンター | Revolut JP

デビットカードについてはマルチカレンシー口座で保有している通貨で支払いが可能なようだが、27通貨以外での支払いについては以下の通り書いてある。

現在、RevolutはMastercardおよびVisaが使用できる場所において、140以上の通貨でのカード支払い、ATM引き出しに対応しています。わずかながら、以下のとおり未対応の通貨もあります。ZWD、CKD、KID、PND、TVD、AMD、FOK、ERN、BTN、EHP、CUC、SHP、GGP、JEP、IMP、SDG、SYP、IRR、PRB、SOS、KPW

使用できる通貨はもうすぐ追加される予定です。

支払いに使用できる通貨を教えてください。 | Revolutヘルプセンター | Revolut JP

それだけではなく金、銀の取引もできる。

www.revolut.com

Revolutの魅力は為替レートと手数料だが、早く海外で使える日が来ることを願うばかりである。日本でビザを採用しているが、他国ではマスターも採用している。日本でも選択できればと思う。

 

楽天モバイル

米倉涼子さんを起用したCMで話題の楽天モバイルだが、サービス開始当初は低価格ながらエリアの狭さで選択にはなかった。が、マップを見るとエリアも広くなり、都市部では問題なく使えそうなので、申し込んでみることにした。

申し込みから3日でSIMカードが到着。申し込みはカンタンで、注意すべき点は申し込み後に、運転免許証などの確認書類を送信するか、受け取り時に配達員に確認をしてもらうぐらいだ。

電話番号は3つから選べる。オプション(1000円)で好きな番号も選べるようだ。iPhone SEとXiaomi Mi note 10 Liteに差し込んでみたが、特別な操作も必要なく使用できた。

新宿へ行った際に、アンテナチェックをしたが、大都市だけあって、届かないところは確認できなかった。検索とGoogleマップを使ってみたが、とても快適だ。1年無料(通話料別)なので、じっくり試してみようと思う。

f:id:yiren23:20201226040028j:plain

 

Amazfit Band 5

ウェアラブルウォッチを愛用して4年が経った。

今や オッさんの健康マストアイテムで、テレワークでの運動不足を可視化できる便利な一品でもある。これまでWithings→TomTom→GarminApple watch 3→ Xiaomi Mi smartband 4→Honor band 5→Huawei watch fitと使用してきた。ウェアラブルウォッチは目を見張る進化ぶりでライフサイクルが短い。バンド素材で肌が被れることもあり、一定期間使ってみないと分からない。

 友人の勧めでXiaomiを試してからは、中華メーカーの高性能と低価格を理由に好んで購入している。これまでの1/3~1/5の価格なので、多少乱暴に扱っても気にしない。今の時期は手洗いでもウォッチまでしっかり洗っているが全く問題ない。バンド交換できるモデルも多く、さまざまな素材があるのも魅力だ。

 Huawei watch fitは発売前予約までして楽しみにしていたが、期待通りで使いやすく、おすすめできる一台だ。しかし常に身につけていると細く、軽量で、バッテリーの持ちが良いモデルが使いやすい。これまで使ってきた前2モデルの後には若干重たく、国内モデルは血中酸素濃度測定機能がない。Xiaomi Band 5を検討したが、血中酸素濃度測定機能とAlexaが使えるAmazfit Band 5があることを知り、値段も手頃だったので購入した。

 国内正規代理店価格は6980円だが、ALIEXPRESSで3498円とほぼ半額まで下がっていた。12月7日に購入し、17日に商品が到着した。

f:id:yiren23:20201220112329j:plain


ベアリングもスムーズ終わり、まずは技適マークを確認。国内での使用は問題ない。

f:id:yiren23:20201220112318j:plain

AMOLEDは小さな画面でも鮮明で見難さはない。設定途中でメッセージを受け取ったが、小さな字でも問題なく読める。画面を左右にスワイプするショートカット設定では、表示項目の有無と順番をカスタマイズできる。

それでも表示情報には限界があり、Apple watchHuawei watch fitのようなグラフ表示はできない。携帯性を求める人にはおススメできるが、そうでない方は表示画面が大きいApple watchHuawei watch fitがいいだろう。現時点でAlexaは日本語対応していないようだ。

1週間が経過した休日に散歩して、Appleヘルスケアの歩数計と比較してみた。白色がAmazfit Band5、黒色がAppleヘルスケア。大きな山の部分が散歩した部分。

f:id:yiren23:20201225171133j:plain

Amazfit / Apple

17:00 - 18:00    Amazfit 2974歩 Apple 2849歩

18:00 - 19:00    Amazfit 2647歩 Apple 2600歩

合計                   Amazfit 5621歩 Apple 5449歩

Amazfitが172歩多かった。

翌日もチェック。仕事からの帰宅のみの計測になったが

f:id:yiren23:20201225171140j:plain

Amazfit / Apple

15:00-16:00    Amazfit 1260歩 Apple 1072歩

16:00-17:00    Amazfit 1814歩  Apple 1854

17:00-18:00    Amazfit 525歩   Apple 480歩

合計              Amazfit 3599歩   Apple3406歩

Amazfitが193歩多かった。3日目も試そうと思ったが、もう良いだろう(笑)
Amazfitは左腕に、iPhoneはジャケットの左ポケットに入れ、左手にバッグを持っていた。許容範囲の差なのかは分からない。とにかく長く愛用する予定だ。